CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
協賛スポンサー
お問い合わせ
バナー(お使いください!)
MOBILE
qrcode
<< 申し込みに関する諸注意!! | main | 29erSSライダーズミーティングのレポート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
明日は開催します!(変更あり。要注意)安曇野で待っています!!
 開催について連絡です。

 本日午後よりスタッフ3名にて現地入りし、シャロムヒュッテの臼井さん、やまめの学校の堂城さんと様々な情報を健闘し協議を重ねた結果、やはりミーティングは、「開催」することになりました。

 判断基準となった点は以下の3点です。

【天候について】
 現段階での会場付近の予報は、30日(土曜)は20時頃まで雨、降雨量のピークは14時頃と18時頃となっています。1時間あたり8〜10mmと強めの雨が予想されています。ただし21時過ぎより曇り、日付が変わる頃より晴れの予報となっています。
 31日(日曜)は晴れ時々くもり、降水確率は20%となっています。

 ※昨日のメールの内容と180度変わってしまいますが、土曜日は雨降りを前提のスケジュールとし、天候の回復する日曜日に思いっきり走ろうという計画です。

http://weathernews.jp/
※キーワードに「安曇野市穂高」を入力し、検索してください。
※yahoo天気予報よりウエザーニュースのピンポイント予報のほうが現地の状況に近いそうです。

【現地のトレイルについて】
 トレイルライドや試乗で利用するトレイルは、基本的に生活道路です。そのため、遊歩道や登山道とは違い、降雨後にグループで走行しても、マナーを守りさえすれば路面にダメージを与えにくいと、実行委員会では考えています。
 また、トレイルの多くは森の中を走っており、路面は扇状地特有の砂地が中心です。そのため、強い雨の後でも泥でぬかるむような路面を走る場面は少なくなります。

【延期について】
 宿の状況、実行委員の状況、協賛各社の状況を考えると、延期という選択肢は難しいという結論になりました。

 なお、この判断は現地の限られた情報を元に実行委員が下したものです。最終判断はみなさん各自で行ってください。

 逆に現段階で懸念される最大の事柄は、みなさんが安曇野まで移動する際の天候状況です。現時点での予報では、沿岸部で夕方になるほど風雨が強くなる傾向のようです(関東・中部とも)。そこで、みなさんが安全にミーティングに参加していただけるよう、集合時間等、30日(土曜)のスケジュールを見直し、集合時間に幅を持たせることにしました。

<スケジュール>

1030日(土)

11001500 受付(Vif 穂高1200まで。それ以降は直接シャロムへ)

1510 開会式@シャロム

1530  SSWC報告会(北澤)

16301830 自由時間(ガラクタ市開催、温泉など各自自由)

1830 夕食

2000〜 交流会(自己紹介、飲み会)

 

1031日(日)

600 ヨガ

700 エコツアー

800 朝食

900 やまめの学校 or トレイルライド or サイクリング(各自昼食)

1330 閉会式

1430 解散

-------

【キャンセルの場合】
 台風接近下という状況であり、常識で考えれば開催・参加は不可能という結論に達するのは当然かと思います。そこで、今回キャンセルされた場合は申込みページや「しおり」に記載してある通り、参加費は返却しない代わりに来年のミーティングの参加費を無料とさせていただきます。また、特例として宿泊費だけでなく、食費も返却いたします(振込手数料を引かせていただきます)。詳細はミーティング後に個別に連絡させていただきます。
*キャンセルの場合は、30日(土)の9時までに、以下までメールでお知らせください。

29erssrider@gmail.com 



| 開催について | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:04 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://29erssrider.jugem.jp/trackback/144
トラックバック